レイクALSAは最短即日で申し込みできるのか?調べてみた

消費者金融レイクALSAは貸金業という法律がありますので銀行法とは異なる法律の適用を受けます。

貸金業法と銀行法の最も大きな違いは貸金業法には総量規制という融資金額のリミットが設けられていることです。

総量規制というのは、年収の三分の一を超える金額の融資を禁じているもので総量規制によって、借り過ぎを抑止する効果を目的としています。

従って、収入が0の専業主婦たちは消費者金融に借り入れ申請をしても仮審査も通りません。

ちなみに、銀行には銀行法がありますから総量規制がなく、専業主婦の方でも借入可能となっています。

消費者金融レイクALSAのキャッシングと銀行カードローンは似て非なるものです。

それぞれにメリットデメリットがあるので比較してみました。

消費者金融のメリットはなんといっても審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較した場合金利が高いことや、借入限度額が低いというデメリットもあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法という法律によって規制されているのですが貸金業法には総量規制という制限がかけられています。

これは、個人の借り過ぎを抑止するために制定された規制で借り手の年収の1/3を超える借り入れを禁止した内容です。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのように有担保ローンは除外されレイクALSAのキャッシングやカードローンのような無担保ローンのみに適用される規制です。

消費者金融と言うとサラ金や街金が連想され悪しき者というイメージを持つ人が多いのが現状です。

バブル崩壊期は暴力的な取り立てや深夜早朝問わず自宅へ押しかけるといった乱暴な取り立てが横行していました。

近頃は法律が改正されたことによって銀行傘下に入る企業が増えましたのでブラック企業の面影はなくなっていると言えるでしょう。

最近では、テレビやラジオのCMに今和田の人気タレントを起用したり借金を意識させない内容でイメージアップが成功してきています。

一方でCMの内容が商品とかけ離れているものも多く何のCMだか分からないという声もあがっています。

各消費者金融業者の借入れの条件や詳細なデータはランキングサイトを見れば一覧できます。

消費者金融ごとにまとめてくれているサイトもあれば一覧表で見やすくしてくれているランキングサイトもあります。

消費者金融レイクALSAごとにおすすめポイントが掲載されていたりするので、消費者金融レイクALSAを初めて利用するという人でも、簡単に比較することができるのでとても便利です。

しかも公式サイトへのリンクを貼って誘導してくれるサイトが普通なので比較後、すぐに利用申し込みの手続きをすることもできます。

又、ランキングサイトには、審査に申し込む時の記入方法や審査をクリアするためのコツなどが記載されていることもありますよ。

消費者金融のレイクALSAのキャッシングは簡単に借り入れることができ好きな時にATMから返済できるので手軽に利用することができます。

レイクALSAのカードローンは非常に便利なものなのではありますが住宅ローンなどといった融資額が大きいローン組めなくなることが心配されます。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円を返済していくローンですからローンを組む人は金銭的に安定していることが第一条件となるのです。

カードローンを利用し続けている人は常に借り入れをしていると判断され事前審査すら通過しない可能性が大きいです。

返済済みであってもローンカードを所持しているだけで審査は不利になりますから住宅ローンを組む場合にはレイクALSAのカードローンは解約しておいたほうが良いと思います。

近頃の消費者金融というと好感度の高いタレントをCMに起用するなどクリーンなイメージがあると思いますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と呼ばれ、堅気の世界ではない感じがしました。

当時はバブル経済と呼ばれ金銭感覚がマヒしてしまった人たちが多く簡単にお金を貸してくれるサラ金で借金を繰り返すという人が続出しました。

借りたお金には利子をつけて返さなければいけないのですが簡単に借金する人ほどお金を甘く見ていますから返済できるわけがありません。

一方で、サラ金や街金は返済してもらわないと損益が出てしまいますので一昔前のドラマでみるようなかなり暴力的な手段での取り立てが実際に行われていました。

現在は怖い人たちによる乱暴な取り立て行為は法律で禁止されていますので以前のように自宅まで押しかけてきて玄関先で大声で怒鳴るようなことはなくなりました。

お金を融通してもらう方法としてカードローンがありますがカードローンには銀行のものと消費者金融のものと2種類があります。

銀行カードローンというと低金利で、貸出限度額が大きいのですがその分、審査が厳しくなっているので、属性が高い人におすすめのカードローンです。

消費者金融のレイクALSAのキャッシングの場合、利息が高めとなっているほか、最大貸出限度額も低く、借りる人の収入や借入れ状況によっても限度額に差がでます。

参考:レイクALSAは最短即日で借りれる?最速申込み方法【営業時間何時まで?】

そのため、消費者金融の方が銀行よりも不利と言えますが、消費者金融のレイクALSAのキャッシングの方が銀行と比較して、審査に通りやすいと言われています。

また、審査結果の通知も早く、レイクALSAの即日融資もしてもらえるので急いで借りたい!手っ取り早く借りたい!という人におすすめします。

消費者金融のメリットは銀行に比べてお金が借りやすく数年前までは、簡単な手続きで借り入れることができました。

その頃は、現在のようにきちんとした法整備が確立していなかったため規定よりも高金利で借り入れていた人がたくさんいました。

これが、いわゆる過払い金というもので多く払い過ぎてしまった金利分を意味します。

過払い金は返還してもらう権利があるのですが、過払い金の払い戻し請求には期限があります。

完済した日から10年経過してしまうと請求権を失ってしまいますので心当たりがある方はまずは法律相談事務所に相談することが大切です。

比較的簡単に借入ができるとされている消費者金融レイクALSAですが審査能力は伊達ではありません。

審査のハードルが消費者金融レイクALSAより高いイメージがある銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者ということは、あまり知られていないのではないでしょうか。

貸金業法が改正されたため、大口融資が不可能になってしまった消費者金融レイクALSA業者の多くは銀行の保証会社となることで銀行グループの傘下にはいりました。

一般的なイメージでは銀行の方が能力が高そうと思うかもしれませんが審査の能力やシステムに関しては消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行業務は為替や証券、預金などの業務の一部として金融も行っているだけなので融資をメインとする消費者金融レイクALSAの方が、与信審査の専門性がはるかに高いのです。

昨今の消費者金融レイクALSA業界のイメージはというと法律の改正やCMでのイメージアップ効果によって怖い、ブラック企業というイメージから払拭されつつあります。

就職先としての人気も上々のようなので消費者金融業界の仕事内容や労働条件を紹介しましょう。

まずは業務内容を紹介します。

主な業務内容は債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済が滞っている人に対し督促のお知らせを通知します。

就職に際して取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得しなければなりません。

年収は大卒の初任給で20から30万円程度のようでノルマ達成などの成果を上げるとボーナスという形で評価されます。

レイクALSAのカードローンの仕組みを紹介します。

カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲内であれば何度でも借入や返済が可能と言うレイクALSAのキャッシングローンです。

決まった日時に借入残高の利息が計算されて月毎の返済日に必ず引き落としされるという約定返済が基本の返済方法です。

引き落される金額は借入した残高によってランク分けされていてその金額の範囲内で利子を引いた後の金額が元本の返済に充てられるという仕組みです。

ですから、利息の計算日までに極力元本を減らしておくこのが利子を減らす有効な方法となります。

ローンの返済には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済はまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができますので積極的に利用しましょう。