アイフルの審査期間の私の口コミ

消費者金融は貸金業という法律によって規制されているため銀行法とは異なります。

貸金業法と銀行法の違いは何かというと貸金業法には総量規制という融資金額の制限があることです。

総量規制というのは、個人の年収の1/3を超えて融資はできないというもので総量規制によって、借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

そのため、専業主婦などは消費者金融に借り入れを申し込んでも仮審査の段階で却下されてしまいます。

その一方で、銀行は銀行法によって規制されているため総量規制がなく、専業主婦の方でも借入可能となっています。

消費者金融と言うと反社会的集団が連想され怖いというイメージを持つ人がいまだに多いですよね。

バブル崩壊期は酷いもので法律を無視した暴力的な取り立てや時間を無視して自宅へ押しかけるような乱暴な行為が横行していました。

近頃は法律が改正されたことによって銀行傘下に入る企業が増えましたので法律順守の意識が高まり、ブラック企業のイメージは改善されつつあります。

最近では、テレビのコマーシャルに好感度のタレントを起用したり借金を意識させない内容でイメージアップが成功してきています。

しかし一方でイメージ戦略に偏りすぎてしまっているCMも多く意図が分からない、何のCMだか分からないという声もあります。

消費者金融というのは銀行と比較してお金を借りやすくほんの数年前までは、簡単な手続きで融資を受けることが可能でした。

その頃は、現在のようにきちんとした法整備が確立していなかったため規定の金利よりも高い金利で借り入れをして人がいたようです。

これが、テレビやラジオのCMで呼びかけられている過払い金というもので現在の規定で計算し、多く支払い過ぎた金利を意味します。

払い過ぎた金利は返還してもらうことができますが過払い金の払い戻し請求には期限があるので注意が必要です。

完済した日から10年経過してしまうと請求権を失ってしまいますので心当たりがある人は過払い金請求に詳しい法律相談事務所に相談することが大切です。

カードローンの仕組みを紹介します。

アイフルのカードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲内であれば借り入れや返済を自由に行うことができるアイフルのキャッシングローンです。

毎月の決まった日時に残高に対して利息が計算され月毎の返済日に必ず引き落としされるという約定返済が基本の返済方法です。

引き落される金額は借入した残高によってランク分けされていてその金額の範囲内から利息を差し引いた分が元本の返済に充てられという流れです。

ですから、利息の計算日までになるべく元本を減らしておくことが利子を極力安くする一番有効な方法なのです。

返済する方法として約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済は多収入が多かった時にまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

消費者金融のアイフルのキャッシングの利点はやはり簡単に借り入れることができ好きな時にATMから返済できるので手軽に利用することができます。

しかし、カードローンはとても便利な一方で住宅ローンなどの大きなローン組めなくなる可能性もあるのです。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円を返済していくローンですからローンを組む人は金銭的に安定していることが第一条件となるのです。

カードローンの利用者は慢性的な金欠状態にあると判断され事前審査の段階で落とされる可能性がぐっと高まります。

完済していてもカードを所有しているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組む場合には、アイフルのカードローンは解約しておくことをおすすめします。

お金を融通してくれる金融機関はたくさんありますが主に銀行とノンバンクに分けることができます一般的にノンバンクというのは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や消費者金融などが該当します。

参考:アイフル審査の流れは?【申し込みから借り入れまでの詳細!】

クレジットカード会社や信販会社というのは、商品代金の立て替え業務がメインとされていますが利用限度枠内でアイフルの借りやすいキャッシングサービスの提供も行っています。

一方、消費者金融とは貸金業専門の金融機関となり限度枠内ならば借り入れと返済が何度でも可能となることが特徴です。

消費者金融アイフルと銀行の違いは業務内容が異なるという点です。

銀行は金融以外に為替や証券取引など幅広くサービスを提供しています。

人気が高い金融機関の評価ポイントは金利が安くて、スピード審査、手続きが簡単などといった理由があります。

とはいえ消費者金融の場合、総量規制が関与してくるのでサービス内容で差をつけるのは難しく借入限度額に関しても、借り手によって左右されるので大きな要因にはなり得ないと思われます。

人気ランキング上位を見る限りいずれも審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差がないのです。

諸条件よりも、手続きが簡単であるかや自動契約機があること、提携ATMが多いことがランキング上位の条件のようです。

又、テレビなどのCMに起用されているタレントさんのイメージやCMから伝わる企業イメージというのも大きく影響しています。

消費者金融のアイフルのキャッシングと銀行のアイフルのカードローンには違いがあるってご存知でしたか?それぞれ、メリットデメリットがありますので比較してみましょう。

消費者金融のメリットはずばり審査時間が早いといったことなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高い、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と規制を受ける法律が異なっており貸金業法には総量規制という制限がかけられています。

これは、個人の借り過ぎを防ぐために設定された規制で借り手の年収の1/3を超えてはいけないというものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのように有担保ローンは除外されカードローンやアイフルのキャッシングのように、無担保のローンにだけ適用されます。

借入しやすいのが特徴ともいえる消費者金融ですが審査能力は伊達ではありません。

審査のハードルが消費者金融より高いイメージがある銀行カードローンですが、実は審査しているのは消費者金融業者ということを知っていましたか?貸金業法が改正され大口融資ができなくなった消費者金融アイフル業者の多くは銀行グループの関連企業に参入しました。

一般的なイメージでは銀行の方が頭が良さそうだと思われていますが審査能力やシステムに関しては、比べ物にならないくらい消費者金融の方が数段上手(うわて)と言えます。

銀行業務はあくまで業務の一部として金融も行っているだけにすぎませんので融資を本業としている消費者金融の方が、与信審査の専門性が圧倒的に高いのです。

複数の消費者金融から借金をしている人のことを多重債務者と言ってどこからも融資をしてもらえない可能性があります。

急な飲み会や探してた欲しいものが見つかったなど予定外の出費が重なって、次の給料日まで水だけで過ごさなくていけない...ということがあると思います。

そんな時、アイフルのカードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も不要で即日借り入れることができます。

一度アイフルのカードローンを利用すると簡単にお金を手に入れられるので預金を引き出す感覚で、どんどんお金を借りてしまう人もたくさんいます。

そんな調子で利用していると、あっというまに限度額に達してしまうため他の金融業者と掛け持ちすることになってしまいますのでくれぐれも注意して下さい。

今すぐお金を借りたいという方にオススメの方法としてカードローンがありますが銀行が提供しているものと消費者金融が提供しているものの2種類があります。

銀行カードローンというと低金利で、貸出限度額が大きいのですがその分審査も厳しいので、属性が高い人におすすめのカードローンといえます。

一方、消費者金融アイフルのキャッシングは利息が高めで、最大貸出限度額も低く、個人の収入や借入れ状況によっても限度額が大きく左右されます。

そのため、消費者金融のアイフルのキャッシングの方が銀行カードローンよりもデメリットが多いように思えますが、消費者金融アイフルのキャッシングの方が比較的審査に通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめです。

また、審査結果の通知も早く、アイフルの即日融資もしてもらえるので急いで借りたい!手っ取り早く借りたい!という人におすすめします。