医療用脱毛VIOのみんなの評判って?

暑くなって肌の露出が増える時期になると普段以上にムダ毛が気になると思います。

いっそのこと脱毛してしまおうと調べてみると医療機関で受けられる医療用脱毛とサロンで受けられるエステ脱毛という2種類が出てきます。

その際、どちらがいいかかわからないという人も少なくないと思うので特徴を確認しましょう。

医療機関ではレーザーを使った方法が使われており、レーザーが毛根を破壊することで毛の再生力をなくし永久的に生えてこなくする方法です。

エステで受けられるのは光脱毛と呼ばれる方法です。

こちらでは、毛根にダメージを与えることで一時的に減毛効果が得られます。

そのうち元に戻るのがエステ、恒久的に生えてこないのが医療機関と持続時間が違います。

突然ですが永久脱毛で人気な部位はどこだと思いますか?特に人気な箇所は脇とvioゾーンと言われています。

行うメリットとしては夏場などの薄着になる季節や肌の露出が増える時に自信につながることなどが挙げられます。

脱毛の方法はエステなどで行われる光脱毛とレーザーによる医療用脱毛の2種類がありますが光脱毛の場合は一時的な減毛効果しか得られず、永続的な効果を得ようとするならばレーザーを選びましょう。

効果が目に見えてくると言われているのが2、3回とされており自己処理不要にしたい場合は5回以上のコースを選べましょう。

気になる料金も特別料金が設定されていることも多いので相談だけでもしてみてください。

多くの人は脱毛をしたことがなくどんな風に行われるのかや必要な費用や期間など様々な不安があると思います。

実際にインターネットで医療用脱毛などの費用を調べると全身行おうとすると数十万円単位の費用がかかってしまうことが大半です。

なぜこれだけの費用が発生するのかというと効果がわかりやすいのが複数回目以降なのでコースでの契約を前提にしているからです。

ただ、最近では1回試してみたいなどの相談や意見を受けてなのか1回のみから行えるクリニックもあるようです。

初めてだからお試しでどんな感じか試したいなどの場合に便利ですが都度支払いでもいいですが部位によっては効果を実感しにくいことがあります。

足の毛や腕の毛などだんだんお手入れするのが面倒になってきます。

そのため、脱毛クリニックで医療用脱毛をしようと思う人もいます。

ただ、脱毛クリニックでの施術は痛いという話も聞くこともあり不安なので決心がつきにくいという方も多いようです。

実際のところどうなっているのでしょうか、口コミなどをもとに調べてみました。

なぜ医療用脱毛は痛いという話があるかというとレーザーのパワーが強くて効果が高いので痛みを伴うこともあるからです。

現在では痛みを抑える冷却機能やクリームタイプの麻酔を使うなどなるべく痛くないようになっています。

ただ、顔やVIOゾーンなど部位によっては痛い場合もあります。

口コミでも思ったより痛くないという声は多いです。

最近では、vioを脱毛するのが女性の身だしなみとして増えつつあるそうです。

実際に脱毛クリニックではワキと並んで人気の施術部位のようです。

行う年代としては女性らしく見えるように整えたいという20から30代の人だけでなく最近では将来介護されるようになった時のためにという50代以上の人も増えています。

一般的に医療用脱毛でおすすめされている回数が5回ですがvioは太く頑固な毛がまとまって生えている場所なので多くの場合で5回では足りず8回程度の回数が必要です。

脱毛した結果の口コミからは夏場などに水着を着る際に気にしないで済むようになることや生理後など衛生的に保てるので快適なことなどが口コミからわかります。

詳しい費用や期間などはクリニックごとに変わるのでまずは相談だけでもしてみてください。

ムダ毛処理などの困りごとを解決する永久脱毛ですが実は永久脱毛と呼ばれている行為は医療機関で行われている医療用脱毛のことを指します。

そのため、エステなどで行われている脱毛は永久脱毛と呼んではいけないことになっています。

夏などの肌の露出が増える季節に向けて脱毛を検討している人の中には複数のクリニックを掛け持ちしたら早く終わるのではないかと考える人もいると思います。

部分脱毛なら問題ありませんが全身脱毛をする場合には意味がありません。

なぜかというと脱毛は毛が伸びてくる成長期に照射をすることで効果が発生するものなので照射可能な時期は限られているからです。

もし掛け持ちをするのなら、クリニックの予約がなかなか取れない場合や部位が被らないようにしましょう。

面倒なムダ毛ケアから解放されようと脱毛について調べているとテープやクリームを使って自宅で行う方法とレーザーや光による医療用脱毛などの店舗でやる方法の2種類がありました。

とにかく安い金額で行うと考えたら前者がいいですが実際には商品ごとに成分が体質と合うかなど様々な懸念があります。

その点医療用脱毛の場合では、カウンセリングを事前に行ったりドクターによる施術となるので安心感が違います。

ただ、その分金額や回数などは必要ですが全身ではなく脱毛する部位を指定することで費用が抑えられる可能性はあるので求める条件などに合わせてどう行った方法を使うかを決めてください。

面倒に感じやすいムダ毛ケアですが全身を永久脱毛しようとすると費用負担も大きくなってしまうので手が出せないという人もいるのではないでしょうか。

そういった方におすすめなのが部位ごとに行う方法です。

なぜかというと全身脱毛に比べ部位を指定することで費用が半分以下に抑えられるケースが多いからです。

場合によっては約20%くらいまで下がることもあります。

費用面以外にも処理する面積の多い足や腕だけを行うだけでもケアに割いていた時間を他のことに充てられるのではないでしょうか。

また、医療用脱毛を行っているクリニックは医師免許を持ったドクターがいるので安心感もあると思います。

多くの男性は脱毛は女性だけのものと捉えているのではないでしょうか。

最近では男性でもヒゲやワキの脱毛をする人も増えているようです。

行う人の傾向としては青ヒゲなどがコンプレックスな人が多いようです。

永久に生えてこないようにするには医療用脱毛を利用することになります。

参考:http://www.maroc-topsite.biz/reizer/eiseikanri.html

脱毛を行うと見た目や印象がガラッと変わることや朝の忙しい時間などの時間短縮になるなどのメリットがあります。

ただ、脱毛を後悔している人も一定数いるようです。

その理由としては脱毛する前は一掃したいと思っていても一度ツルツルになった後は生えてこなくなるため後から恋しくなってしまうようです。

そのため、全てをなくすのではなくデザイン脱毛と呼ばれる少し残す選択肢もあります。

全身のムダ毛処理をこまめにするのが面倒に感じてそのため医療用脱毛や脱毛サロンの利用を考える人もいると思います。

その際、よく耳にする永久脱毛が簡単にできると思ってしまいがちですが実際は多くの回数がかかります。

そもそも永遠にムダ毛が生えてこないという根拠はなく脱毛後1ヶ月で毛の再生率が20%以下の状態を永久脱毛と定義されています。

また、脱毛サロンの場合は正確には医療行為ではないので永久脱毛はできず、除毛になります。

できるだけムダ毛の自己処理をしない状態にすることは可能です。

できるだけ安く気軽に通いたい場合は脱毛サロン、ドクターのもとで安心しながら処置したい場合は医療用脱毛を利用しましょう。