ACマスターカードの審査が必要書類という評判ってどう?

ACマスターカードは家電で購入

家電などの高額な買い物をするときに皆さんは支払い方法をどうしていますか?多くの方はACマスターカード払いを利用する方が多いのではないでしょうか。

ACマスターカードで払う方が多いのではないでしょうか。

便利な反面、大学生や社会人になりたての場合は持っていない場合もあるので審査をしてカードを作らないと利用ができません。

初めてカードを作るときについて説明します。

申し込みをするには買い物先で申し込む方法や手軽にできるインターネットでの申し込みがあります。

結果がわかるまでの審査期間は即日が多いです。

実際にカードが届くまでは1週間から2週間くらい時間がかかります。

高額な買い物をする際やネットショッピングなどでとても便利なクレジットカードですがカード会社に申し込み、審査に通らないと発行、利用できません。

審査で大切なのは安定した収入があるかと信用情報です。

信用情報とはどういった情報なのかというと公共料金やカードローンなどが期日までに返済されているかなどの情報です。

そのため、ローンの返済期限や公共料金の支払いなどはきっちり払うことが重要です。

最近、増えているのがほぼ全国民が持っている携帯料金の払い忘れです。

払い忘れるだけでなく、お金を下ろしたタイミングが悪くて引き落とし日にお金が入っていなくても止まることがあるので気をつけましょう。

最近、ライブなどの場面で電子チケットが普及してきました。

イベントによってはACマスターカード払いのみなどクレカを持っているのが当然のようになっていると言っても過言ではないです。

そのため、ACマスターカードを作ろうとした時に審査通らないということが起きないように重要なポイントを確認しましょう。

審査の際に重要なのは安定した収入があるかや職業などの申込者の属性がどうなのか、クレジットヒストリーは問題ないかという部分です。

例えば、アルバイトなどの非正規雇用の場合は審査が厳しくなると聞くことも多いです。

信用情報については支払い期日があるものがちゃんと払われるかを見られています。

買い物をする際に現金の持ち合わせがないときやネットでの買い物時など利用する場面の増えているクレジットカードですが若い人はまだ持っていない場合もあります。

最近では、ライブなどのイベントで転売防止で電子チケットが採用されることも増え、クレカ払いのみ対応なんていうこともあります。

そんな時に、クレカを持っていない人は諦めてしまうこともありますが即日発行できるカードも存在しています。

主に、イオンカードや消費者金融系のカード会社です。

流れとしてはWEB申し込みをして審査が30分以内に終わり、審査に通っていれば店頭でその日のうちに受け取れます。

よくコマーシャルなどで見るクレジットカード会社と聞いて思い浮かべるのはどの会社ですか?多くの人は楽天カードを挙げるのではないでしょうか。

CMのおかげか、実際に多くの人が持っていて利用しています。

クレカが欲しいと考えている方からすると審査の難易度はどうなっているの?ということが最も知りたいところですよね。

実際に調べてみました。

審査で重要なのは申し込み時に入力した情報と申込者が以前借りていたローンなどの信用情報です。

勤務先の住所などの情婦をうっかり入力ミスした場合、虚偽申請とみなされ、審査に受からないこともあるので気をつけてください。

ネットショッピングをするのにACマスターカードがあると便利なので申し込んだら審査落ちしてしまったという人の話を聞きます。

落ちる原因として多いのが信用情報にキズがあることです。

例えば、以前借りていたローンの返済を滞納してしまった、公共料金やローンの支払いを忘れてしまったといった場合です。

こういった返済期日、支払い期日があるものは期日通りに払えていないとクレカを発行した後に利用した際、引き落とし日に申込者の口座にお金が入っていないことがあると思われてしまうからです。

ここ数年で増えているのが携帯料金の払い忘れが原因の場合です。

特に若い人はクレカなどの金融知識が少ない人も多いので気をつけましょう。

ACマスターカードの申し込みについて周りの人に聞くと勤務先に電話で在籍確認が来るという人と来ないという人がいます。

中には、カードを作る際に確認をされたくない人もいると思います。

ただ、絶対に電話のないカード会社というものはなく連絡の可能性が低いカード会社を選ぶしかありません。

連絡の可能性が低いとされるカード会社の特徴としては、最短30分などスピード審査をウリにしている会社です。

スピード審査の場合、すべての申込者に対して、人力で確認することができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。

そのため、電話がかかってくる可能性が少ないと言われています。

ACマスターカードは高額のものは購入できる

高額な買い物をする際やネットショッピングなどで便利なACマスターカードですがカード会社に申し込み、審査に合格しないと発行されません。

審査で重要なのは継続して安定した収入が入るのかと信用情報です。

信用情報とはどういったものかというと以前借りていたカードローンなどを滞りなく返済されるかなどの記録です。

そのため、公共料金の支払いなど期限が決まっているものはきっちり払うことが重要です。

ここ数年で増えているのが携帯料金の払い忘れです。

払い忘れをするだけでなく、引き落とし日に口座に口座にたまたま入っていなかったということもあるので気をつけましょう。

大きい買い物をする際やネットショッピングなど色々な場面で活用されているACマスターカードですが、新社会人の人など若い人の中にはまだ作っていないという人も多いのではないでしょうか。

まだカードを作っていない人にとって申し込み時に不安を感じるのはカード会社の審査基準がどうなっているのかわからず落ちるかもしれないということです。

基本的に審査で重要とされているのがクレジットヒストリーです。

クレヒスとは、クレジットヒストリーの略でローンなどの支払い履歴のことです。

審査時にカード会社はこの情報を記録している機関に情報照会をして過去に未納や滞納を起こしていないかを確認しています。

住宅ローンなどでもクレジットヒストリーは重要なので未納などに気をつけましょう。

ACマスターカードについて周りの人に話を聞くと勤務先に電話連絡で在籍確認がきた人ときていない人がいます。

中には、カードを作る際に連絡をされたくない人もいると思います。

ただ、絶対に電話のないカード会社というものは原則としてなく連絡がくる可能性が低いカード会社を選ぶしかありません。

連絡の可能性が低いカード会社の主な特徴としては、スピード審査を宣伝文句にしている会社です。

スピード審査の場合、申し込み数が多く、全てを人力で確認することができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。

そのため、電話が来る可能性が少ないと言われています。

買い物に行った時に便利なACマスターカードですがネット上には審査なしでカードは作れるの?という質問を見かけます。

結論から言うと審査なしでカードは作れません。

基本的には申し込み時に審査は絶対あります。

その理由としてはカードの発行元からすると貸したお金が返ってこないということが1番困ることです。

なので申し込みが入ると年収からいくらまで貸せるか、前に公共料金などの返済が滞っていたことがないかを確認しています。

特に若い人が見落としがちなのが携帯電話料金の未払いです。

公共料金の払い忘れなどはカード審査だけでなくローン審査にも関わるので気をつけましょう。

ネットショッピングをするのにACマスターカードがあると便利と聞いて申し込んだら審査落ちしてしまったという人の話を聞きます。

落ちる理由として多いのが信用情報に問題があることです。

例えば、以前借りていた別のカード支払いを滞納してしまった、公共料金の支払いをうっかり忘れてしまったといった場合です。

こういった返済期日、支払い期日があるものは期日通りに払えていないとクレカを使って買い物をした後に引き落とし日に口座にお金が入っていないことがあると思われてしまうからです。

ここ数年で増えているのが携帯料金の払い忘れが原因の場合です。

特に学生や社会人なりたての人はクレカなどの知識が少ないことも多いので気をつけましょう。

家事手伝いと専業主婦、両方とも仕事で収入を得ていないのは同じですが、クレカを作る際に同じように感じますが、実際は大きな違いがあります。

職業欄に家事手伝いと書いた場合はほぼどのカード会社でも審査に通らないと考えていいと言われています。

逆に主婦の場合は、カード会社次第ですが審査に通ることがあります。

なぜかというとどちらも収入はないのは同じですが、養ってくれる夫の存在があるからです。

夫が正社員として安定した収入があるので返済もおそらく大丈夫だろうと判断できるためです。

カードを作ってもあまり利用しないということもあるため新たに作る場合は年会費無料のカードを利用しましょう。

最近では、電子チケットの利用やネットショッピングなど様々な場面で利用する機会の増えたクレジットカードですが、審査に必要なものは何があるのでしょうか。

免許証などの本人確認書類はどのカード会社でも必要です。

カード発行会社次第ですがマイナンバーカードのコピーなども本人確認書類として認められることもあります。

他には、利用料金の引き落とし先の銀行口座と発行したカードを受け取るための住所が必要です。

口座情報などを入力する際に間違えてしまうと間違えることがないように気をつけましょう。