ACマスターカードの審査が必要書類な落とし穴ってある?

ACマスターカードで買い物できる!

買い物の支払い時に現金の持ち合わせがないことがわかったときやネットショッピングなど利用する場面の増えているACマスターカードですが新社会人の方などはまだ所持していないことがあります。

最近では、ライブなどで電子チケットが採用されることも増え、先行抽選時はクレカ払いのみなんていうこともあります。

そんな時に、クレカを所持していない方は諦めてしまうこともありますがカード会社によっては即日発行できます。

例えば、イオンカードの場合ではWEBで申し込みをして流れとしてはWEB申し込みをして審査が30分以内に終わり、審査に通っていれば店頭でその日のうちに受け取れます。

就職をして社会人になった際にできるだけ早く用意したいものとしてACマスターカードを挙げる先輩社会人も多いです。

できれば大学生のうちに持つべきという人もいるくらいです。

なぜかというと、早いうちから少額でもクレカ決済を利用して正常に利用することでクレヒスが積み上がるからです。

クレジットヒストリーがあるとローンを組む場合の審査で有利になります。

逆にカード決済でトラブルが複数回続くとクレヒスが悪くなり、ローンなどを組む際に不利になります。

クレカの支払いだけでなく水道料金などの公共料金や最近多くなっている携帯料金の払い忘れも信用情報にキズがつきます。

ACマスターカードについてネットで調べていると時折このような話を聞きます。

それは住宅ローンを契約していてもクレカは作れるの?ということです。

そういった話の中でたまに、銀行機関で住宅ローンを借りているから信販系のクレカを作るときには関係ないという人もいますが両方とも個人信用情報機関に情報を記録しているので完全に無関係とは言えません。

審査の面でも住宅ローンを滞納せずに返済できていれば逆にプラスに判断されることもあるくらいです。

問題なくローンの返済ができている状態で審査に落ちた場合は、申込書に書いてある属性やなどの別の部分を考えたほうがいいでしょう。

見落としがちなのは不注意からくる公共料金や携帯料金の払い忘れなどです。

ローンやACマスターカードの申し込み時に重要なことって何かわかりますか?年収を挙げる人もいれば、信用情報という人もいます。

場合によっては職業などの属性という人もいますね。

では、実際にこれらは審査に当たってどのように見られているのかを確認しましょう。

年収つまり収入は安定した収入があればいくらまで利用できるかや毎月の返済額がいくらまでなら大丈夫なのかを計算しています。

職業などの部分も安定した収入が入ると考えられる正社員なのか、収入が不安定なアルバイトなのかを見ています。

信用情報は公共料金の支払いなどが問題なく行われているかを見ており、期日を守って支払いが行われるかをチェックしています。

家事手伝いと専業主婦、働いていないので収入が入ってこないのは同じですが、ACマスターカードを作る際やローンを組む際に大きな違いがあります。

職業欄に家事手伝いと書いた場合はほぼどのカード会社でも審査に落ちると言われています。

逆に主婦の場合は、カード会社によっては審査に通ることがあります。

なぜかというとどちらも収入はないのは同じですが、養ってくれる夫の存在があるからです。

夫が正社員として継続して安定した収入があれば返済もおそらく大丈夫だろうと判断できるためです。

作ってもあまり使わないということもあるためカードを新たに作る時は年会費無料のカードを申し込みましょう。

高額な買い物をする際に現金を準備せずに買い物ができるACマスターカードは便利ですがカード会社に申し込みをして審査に通らないと発行されません。

審査で大切なのは安定した収入があるかと信用情報です。

信用情報とはどういった情報なのかというと以前借りていたカードローンなどを滞りなく返済されるかなどのデータです。

そのため、ローンや公共料金など支払い期日があるものはきっちり払うことが重要です。

最近、増えているのが携帯料金の払い忘れです。

払い忘れるだけでなく、引き落とし日に口座にたまたまお金が口座にたまたま入っていなかったということもあるので気をつけましょう。

最近、ライブなどの場面で電子チケットが普及してきました。

その中にはACマスターカード払いのみ可能などほぼ必需品のようになっていると言ってもいいレベルです。

そのため、ACマスターカードを申し込んだ時に審査通らないということがないように重要なポイントを確認しましょう。

審査時に重要なのは安定した収入があるかや職業などの属性がどうなのか、信用情報は問題ないかという部分です。

例えば、正規雇用ではなく非正規雇用の場合は審査が厳しくなると噂されています。

信用情報については支払い期日があるものがちゃんと払われるかを見られています。

ACマスターカードってイベントある

ここ数年で、イベントなどで電子チケットが普及してきました。

イベントによってはクレジットカード払いのみなどほぼ必需品のようになっていると言っても過言ではないです。

そのため、クレジットカードを作ろうとした際に審査通らないということが起きないように重要なポイントを確認しましょう。

審査の際に重要なのは継続して安定した収入が入っているかや職業などの属性がどうなのか、信用情報は問題ないかという部分です。

例えば、正規雇用ではなく、アルバイトなどの非正規雇用の場合は審査が厳しくなると聞くことも多いです。

信用情報については支払い期限があるものがちゃんと払われるかを見られています。

ACマスターカードについて周りの人に話を聞くと勤務先に電話で在籍確認がきた人ときていない人がいます。

中には、カードを作る際に勤務先に確認をされたくない人もいると思います。

ただ、電話が絶対かかってこないカード会社というものはなく可能性が低いカード会社を探すしかありません。

連絡の可能性が低いカード会社を見分ける目安としては、最短30分などスピード審査をウリにしている会社です。

スピード審査の場合、1日の申し込み数が多くに、人力で確認することができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。

そのため、電話が来る可能性が少ないとされています。

職場の人にあまり知られたくないことといえば例えば、ローンを組むことやACマスターカードを作ることなどです。

そのため、カードが欲しいのに在籍確認の電話の有無やその際に何を聞かれるか不安で申し込めないという方もいるようです。

そもそも本当に連絡があるのかを調べてみたところ、カードを作った300人に対してアンケートを行った結果、約2割の人が連絡がきたという調査もありました。

なので、絶対に連絡がこないカード会社はないと考えられます。

ただ、カード会社によってはその確率が低くなることもあります。

例えば、スピード審査をウリにしている会社は連絡の確率は低くなると言われています。

ネットショッピングなどをする際に荷物受け取り時にお金を用意せずに済む便利なクレジットカードですがカード会社に審査に受からないと利用ができません。

審査で重要なのは安定した収入があるかと信用情報です。

信用情報とはどういった情報なのかというと以前借りていたカードローンなどを滞りなく返済されるかなどのデータです。

そのため、ローンの支払い期日や公共料金の支払いなどはきっちり行うことが重要です。

最近、増えているのがほぼ全国民が持っている携帯料金の払い忘れです。

払い忘れだけでなく、たまたま口座にお金が口座にたまたま入っていなかったということもあるので気をつけましょう。

ネットで買い物をするのにクレジットカードがあると便利なので必需品化しているので申し込んだら審査落ちしてしまったという話を聞きます。

落ちる原因として多いのが信用情報に問題があることです。

例えば、以前借りていたローンの返済が滞ってしまった、公共料金の支払いをうっかり忘れてしまったといった場合です。

こういった返済期日、支払い期日があるものは期日通りに払えていないとクレカを使って買い物をした後に引き落とし日に口座にお金が入っていないことがあり、返済されないと思われてしまうからです。

最近増えているのが携帯料金の払い忘れが理由の場合です。

特に若い人はクレカなどの知識が少ない人も多いので期日に気をつけましょう。

ACマスターカードをまだ利用していない人の中には雇用形態が契約社員なので審査に落ちてしまうと思い申し込んでいないという人もいるようです。

契約社員やアルバイトではカードが作れないという都市伝説のような話の影響も多少ありそうです。

結果から言うとアルバイトなどの非正規雇用でも作ることはできます。

では、アルバイト待遇でカードを作る際の審査で重要なことはなんでしょうか。

それは、申込者が年収に見合ったカードに申し込んでいるか、勤続年数が何年くらいになるのか、信用情報に傷がないかが重要だとされています。

カード会社やカードのコースによって想定している条件があり、例えばゴールドカードの場合は一定以上の年収の方向けや30歳以上など設定されています。

ACマスターカードについてネットで調べていると時折このような話を聞きます。

それは住宅ローンを契約していてもクレカは作れるの?ということです。

そういった話の中でたまに、銀行機関で住宅ローンを借りているから信販系のクレカとは別になっていて関係ないと思っている人もいますが両方とも個人信用情報機関にデータが残るので完全に無関係とは言えません。

審査の面でも住宅ローンを滞納せずに返済できていれば逆にプラス材料として判断されることもあるくらいです。

滞りなくローンの返済ができている状態で審査に落ちた場合は、申込書に書いてある別の部分を疑ったほうがいいでしょう。

見落としがちなのは不注意などで公共料金の払い忘れることなどです。