ACマスターカード審査は必要書類について

住宅ローン組んでいるとクレカ作れない?

クレジットカードが欲しいと思いネットで調べてみるとカード会社やカードの種類が多くてどれを選べばいいかわからないという場合もあるのではないでしょうか。

特にカード会社ごとに独自の審査基準を設けている場合が多く審査に合格するのが難しいカード会社もあります。

プラチナカードやブラックカードという言葉をテレビなどで聞いたこともあると思いますがこの2種類に関してはカード会社から案内されないと作れません。

基本的に自分から申し込んで発行できるカードはゴールドカードまでとなっています。

自分から申し込む場合は年収と信用情報が重要と言われています。

できるだけカードを早く作りたい方は審査が早い会社ランキングなども参考にしてみてください。

クレジットカードについて調べていると時折このような話を聞きます。

それは住宅ローンを組んでいてもクレカは作れるの?ということです。

そういった話をしている人の中で、銀行で住宅ローンを借りているから信販系のクレカを作るときには関係ないという人もいますが両方とも個人信用情報機関に情報が残るので完全に無関係とは言えません。

審査の面でも住宅ローンを問題なく返済できていれば逆にプラスに判断されることもあります。

滞りなくローンの返済ができている状態で審査に落ちた場合は、申込書に書いてある属性などの別の部分を疑ったほうがいいでしょう。

見落としがちなのは不注意からくる公共料金の払い忘れなどです。

大きい買い物をする際やネットでの買い物など様々な場面で便利になるACマスターカードですが、社会人なりたての人などはまだ作っていないという人も多いのではないでしょうか。

まだカードを作っていない人にとって不安なのは審査基準がわからず落ちるかもしれないということです。

基本的に審査で重要とされているのがクレジットヒストリーです。

クレジットヒストリーとは、ローンなどの支払い履歴のことです。

審査の際にカード会社はクレヒスを記録している機関に情報照会をして過去に未納などの門題を起こしていないかを確認しています。

住宅ローンなどでも信用情報は重要なので早いうちに実績を作っておきましょう。

高額な買い物をする際やネットショッピングなどでACマスターカードは便利ですがカード会社に申し込み、審査に合格しないと発行されません。

審査で重要なのは継続して安定した収入が入るのかと信用情報です。

信用情報とはどういったものかというと以前借りていたカードローンなどを滞りなく返していたかなどのデータです。

そのため、ローンの支払い期日や公共料金の支払いなどはきっちり行うことが重要です。

最近、増えているのが携帯料金の払い忘れです。

払い忘れるだけでなく、お金を下ろしたタイミングが悪くて引き落とし日に口座に料金代が入っていなかったということもあるので気をつけましょう。

最近、イベントのチケットなどで先行抽選分はクレカ支払いのみなどACマスターカードが必要な時が増えてきました。

現在、クレカを持っている方は問題ないですが持っていない場合はカード会社に申し込んで作らなければいけません。

初めてクレカを発行する場合、気になるのが審査がどうなっているのか、基準は厳しいのかということです。

審査のポイントとしては、継続して安定した収入があるのかという部分とローンや公共料金の支払い滞納がないかなどの信用情報です。

収入面はローンできる額がいくらまでになるかや返済能力があるのか、信用情報は滞納せずに返済してもらえるのかを見ています。

ローンなどの金融関係の申し込みを行う時に必ず、勤続年数を書く欄がありますよね。

審査でどんな影響を持つのかが気になったので調べてみました。

クレジットカードの場合、勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが新社会人をターゲットにしているカードでは1年未満でもOKです。

審査では返済履歴などの信用情報のように重要な項目が他にあり、確認のしようがない項目はそれほど影響力を持たないという説もあります。

ただ、最近では転職する人も増え、転職したばかりの人が申し込む際に盛った情報を書いてしまおうか考えてしまう人もいます。

そこで古いクレジットカードの利用履歴が紹介して出てきたら辻褄が合わなくなりバレてしまうことになます。

最近、イベントなどで電子チケットの利用が増加してきており、イベントによってはクレジットカード払いのみ対応などクレカを持っているのが当然のようになっていると言っても過言ではないです。

そのため、ACマスターカードを作ろうとした時に審査通らないということがないように大切なポイントを確認しましょう。

審査の際に重要なのは安定した収入があるかや職業などの申込者の属性がどうなのか、クレジットヒストリーは問題ないかという部分です。

例として、正規雇用ではなく、アルバイトなどの非正規雇用の場合は審査が厳しくなると言われています。

クレヒスについては支払い期日があるものがちゃんと払われるかを見られています。

年収とクレジットカードの関係

大きい買い物をする際やネットでの買い物、電子チケットなど様々な場面で便利になるACマスターカードですが、社会人なりたての人などはまだ作っていないという人も多いのではないでしょうか。

まだカードを作っていない人にとって申し込み時に不安を感じるのはカード会社の審査基準がどうなっているのかわからず落ちるかもしれないということです。

基本的に審査で重要とされているのがクレジットヒストリーです。

クレジットヒストリーとは、ローンや公共料金などの支払い履歴のことです。

審査の際にカード会社はこの情報を記録している機関に情報照会をして過去に問題を起こしていないかを確認しています。

住宅ローンなどでもクレヒスは重要なので早いうちに実績を作っておきましょう。

ローンやクレジットカードの申し込み時に重要なことって何かわかりますか?年収という人もいれば、信用情報という人もいます。

場合によっては職業などの属性と答える人もいます。

では、実際にこれらの要素は審査に当たってどんな意味があるのかを確認しましょう。

年収つまり収入は安定した収入があればいくらまで利用できるかや毎月の返済額がいくらくらいまでなら大丈夫なのかを見ています。

職業などの部分も安定した収入が見込める正社員か、アルバイトの場合は収入が不安定に見られることが多いです。

信用情報は公共料金の支払いなどが問題なく行われているかを見ており、ちゃんと期日通りに支払いが行われるかを見ています。

クレジットカードを申し込んだ時にカード会社側には収入証明を提出していないのにどうやって収入を確認しているのでしょうか。

実は審査の時に確認しているのは収入だけではないんです。

まぁ全国の会社の年収の平均を知っているはずがないので当然ですね。

そのため、どんな方向から年収情報を見ているのかというと過去の利用者の中からその業界、職種で勤続年数が何年くらいだから年収もこのくらいだろうというデータがあり、そのデータと突き合わせて変な部分がないかと見ています。

そのため、大きな違いがなければ本人申告された年収でスコアリングが行われます。

乖離が大きく、怪しい場合は収入証明書の提出が必要になります。

買い物をするときにキャッシュレスで便利なACマスターカードですがネット上には審査なしでカード発行できるの?という質問をする人をよく見かけます。

結論から言うと審査なしでカードは発行されません。

基本的に申し込み時に審査が必ずあります。

なぜ審査をするかというとカード会社からすると貸したお金が返ってこないということが1番困ることです。

そのため、申し込みが入ると申込者の年収からいくらまで貸せるか、前に公共料金などの返済が滞っていたことがないかを確認しています。

若い人が増えてきているのが携帯料金の未払いです。

そのため、公共料金や携帯料金の支払いに気をつけましょう。

クレジットカードをまだ所持していない人の中には雇用形態が契約社員なので申し込んでも審査に通るかわからないという人もいるようです。

都市伝説的に言われている契約社員として雇用されているとカードが作れないというウワサ話の影響も多少ありそうです。

結果から言うとアルバイトなどの非正規雇用でも作ることはできます。

では、雇用形態が非正規でカードを作る際に重要なことはなんでしょうか。

それは、年収に見合ったコースに申し込んでいるか、勤続年数がどのくらいあるのか、信用情報に問題がないかが重要だとされています。

カード会社やカードの種類によって想定している顧客層があり、例えばゴールドカードの場合は年収400万円以上の方向けが多いです。

高額な買い物をする際に現金を準備せずに買い物ができるとても便利なACマスターカードですがカード会社に審査に受からないと利用ができません。

審査で重要なのは安定した収入があるかとクレジットヒストリーです。

学生時代にはあまり聞かない信用情報とはどういったものかというと以前借りていたカードローンや奨学金などを滞りなく返済されているかなどのデータです。

そのため、公共料金の支払いなど期限が決まっているものはきっちり払うことが重要です。

最近、増えているのがほぼ全国民が持っている携帯料金の払い忘れです。

払い忘れるだけでなく、口座から出金したタイミングで口座に料金代が入っていなかったということもあるので気をつけましょう。

ACマスターカードが欲しいと思い調べてみるとカード会社やカードの種類が多くてどれを選べばいいか迷うという人もいるのではないでしょうか。

特にカード会社ごとに独自の審査基準を設けている場合が多く審査に通るのが難しいカード会社もあります。

プラチナカードやブラックカードという言葉をテレビなどで聞いたこともあると思いますがこの2種類に関してはカード会社から案内されないと作れません。

一般的に自分から申し込んで発行できるカードはゴールドカードまでとなっています。

審査では年収とクレヒスが重要視されています。

早くカードを作りたいという場合は審査が早い会社ランキングなども参考にしてみてください。